爪の生産行程はまるで木の年輪のように刻まれるものであるために、その時に健康面で問題がないかどうかが爪に出ることがよくあり、髪と同様すぐに確認できて判断しやすいため健康のバロメーターとも言われる。
現代社会に生きる身の上では、身体の中には人体に悪い影響を及ぼすケミカルな物質が取り込まれ、更に自らの体の中でも細胞を傷つける活性酸素などが発生していると報じられているようだ。
美容悩みから解放されるには、ファーストステップとして自分の内臓の状態をみてみることが、より美しくなるための近道になります。

然らば、一体どんな手段で自分の内臓の具合が判断できるのでしょうか。
老化現象の一つであるフェイスラインのたるみは不要な老廃物や余分な脂肪が蓄積することで徐々に促されます。

リンパが遅れがちになると老廃物が蓄積して浮腫が発生したり、脂肪が溜まり、たるみへと繋がります。

スカルプは顔の皮ふに繋がっているため、額も頭皮と一緒のものと捉えることはあまり知られていない事実です。

老化に従いスカルプが弛み始めると、その下にある顔面のたるみの要因になります。

ついつい時間を忘れてパソコンのモニターに釘付けになってしまい、眉間にはしわ、さらにへの字口(これを私はシルエットから取って「富士山ぐち」とも呼んでいます)をしているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。

ホワイトニングというのは、色素沈着のみられない、更に明るい肌を重要視する美容上の観念、又はこのような状態の肌のことを指す。

主に顔面の肌について用いられることが多い